人気ブログランキング |
ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

*********************************************
(以下は2011年4月9日にアップした営業用看板です。性質上、随時更新し、不定期にブログの表面に移動させて告知効果を上げようと思います。宇宙人は営業中でございます。なお、夏休みや連休などは休業することがありますので、返信が滞る場合は休み明けまでお待ち下さい。)
*********************************************
土星の裏側へぐるっと回って悩み相談を望まれる方に、地球人・宇宙人を問わず運勢鑑定を引き受けます。鑑定手法についてはカテゴリ「算命学の仕組み」をご覧下さい。

(1) 無料鑑定『あなたの山水画』
その人の人生の青写真を陰陽五行の風景画として描写し、大まかな生き方アドバイスをします。ご依頼の際は生年月日と性別と、当ブログの何に興味を持ったのかを一筆添えて、一番下の専用メールアドレスへお寄せ下さい。
一筆のないものや辻褄の合わないものは防犯上返信しないのでご注意下さい。(当ブログのコメントでの受付は終了しました。また山水画に対する質問は受け付けないので、質問をしたい方は恐縮ですが有料鑑定へお進み下さい。)
公開してよければ鑑定結果を当ブログに匿名で掲載しますので、お知らせ下さい。生年月日非公開をご希望の場合は、結果そのものを掲載しません。
なお、ご依頼人本人のみの鑑定に限らせて頂きます。また依頼が混んでいる時はお断りすることがありますので、ご了承下さい。

(2) 有料鑑定『土星一周』
生年月日と性別と具体的な相談内容、その人物の略歴、家族構成、現在の生活環境を可能な範囲で、一番下の専用メールアドレスへお寄せ下さい。具体的な相談内容のないメールは、防犯上返信できません。
非公開をお望みと思われますのでメールアドレスを添えてその旨お知らせ下さい。直接返信し、必要に応じて2-3往復やりとりします。真剣勝負です。興味本位の方や現状を改善する意志のない方はご遠慮下さい。(※鑑定は辛口になることが多いので、当ブログ記事をいくつかお読みになった上で免疫力をつけておくことをお勧めします。また右手のカテゴリ「宇宙人の診察室」に依頼ノウハウの記事があるのでご参考下さい。)

◆鑑定可能な相談内容(複数受け付けますが、必ず具体的な相談事項を添えて下さい。)
- 宿命鑑定:その人が持って生まれた人生の青写真を鑑定。
- 運勢鑑定:宿命とその後の環境から、今後の運勢を判断。
- 性格判断:宿命から派生した人格やその長所、欠点、改善方法を鑑定。
- 仕事関係:適職や転職、起業、事業について鑑定。
- 結婚鑑定:結婚・離婚判断、良縁判断、相性判断など(恋愛相談は不可)。
- その他:転居判断(方位は不可)、子供の養育相談、病気の傾向など、ご相談に応じます。

◆鑑定料金:8,000円(一人分。相性判断に限定した場合は二人分まで。リピーターは同じ生年月日に限り6,000円)
◆鑑定を始める前に、鑑定内容についての事前打合せをします。鑑定に踏み切るかどうかの判断材料として頂き、依頼人・鑑定者双方の了解の上で鑑定を開始します。鑑定結果の送信に何日かかるかもその際お伝えします。(他に依頼がなければ通常1-2日で回答します)
◆鑑定技術に関する質問には原則としてお答えできません。『算命学余話』に技法の一部を公開していきますので、興味のある方はそちらをご覧下さい。
◆なぜ恋愛相談は不可なのか? 恋愛は人生の大事ではありません。結婚や出産は大事ですが、恋はいくらでもして、何度でも失敗して下さい。命に別状ありません。
◆対面鑑定は現在、知人紹介のみ受け付けます。メール相談より若干料金上がります。まずはご相談下さい。また未成年の方の依頼はお断りすることがあります。
◆携帯アドレスでのご依頼は返信エラーになることが多いので、パソコンアドレスからお問合せ下さい。
◆算命学は未来を予測するものではなく、可能性の高低を多角的に判断するものです。どちらかというと統計学に近いものですので、水晶玉占いの類をお求めの方は他を当たって下さい。
◆鑑定専用メールアドレス:doseiura4◎yahoo.co.jp (◎には@を入れて下さい。手作りレザーグッズの問合せもこちらです)

【宇宙人からの苦言】
有料無料を問わず鑑定依頼を寄せられる方の中に、一方的に依頼だけしてお礼の返信もしないとか、依頼の取下げを無言で済ませるなどのマナーに欠ける方が稀におられます。武道家の宇宙人が日本的礼儀作法を美徳として重んじていることはブログ記事からも読み取って頂けるかと思います。世の中に「無料」のサービスが普及したせいかお礼も言えない人たちが増えたことは、日本文化にあっては嘆かわしいことです。宇宙人は聖人ではないので、虫の居所の悪い時にはこうした人々の暴挙をブログに挙げて曝し物にしないとも限りません。皆様の節度ある対人マナーがメール相談にも発揮されますよう、心より希求致します。
# by hikada789 | 2020-01-20 10:41 | 宇宙人の診察室(営業窓口) | Comments(43)
アーユルヴェーダ蜂蜜だった (No.1282)_b0214800_10462695.jpg蜂蜜が特産のキルギスで初めて見た黒い蜂蜜について訂正です。以前ホワイトハニーと比較して画像掲載したイカスミのように真っ黒なペースト状のブラックハニーは、正確にはブラックハニーではなく、アーユルヴェーダ蜂蜜でした。右の画像に見える右側のイカスミ色が、前回紹介したのと同じ種類の、正しい名称「シラジット入り蜂蜜」。シラジットとはサンスクリット語で、該当する日本語のない天然有機化合物。ロシア語ではムミヨーと呼び、この呼び名はペルシャ語起源だという。シラジットは高山の洞窟に生息するコウモリやげっ歯類の排泄物が経年と発酵によって特殊な腐植土となった天然ミネラル混合物で、見た目は真っ黒な土である。要は漢方薬のようなもので、中国ではなくインドのアーユルヴェーダ医学で知られる医薬品である。ヒマラヤなどの高山でしか採取できず非常に貴重なので、高価なものとして認識されており、これを混ぜた当地の「シラジット入り蜂蜜」は他の蜂蜜に比べて1.5倍ほど高い値段がついている。薬効は頭痛その他の痛みの緩和、胃腸や体調全体を整えるなど万能薬に近く、しかし少量で効果があるため大量に摂ってはいけないとされている。
宇宙人が初めてこの黒い蜂蜜を見かけた時も、そういえばインド人の留学生が大量購入していた。それで興味をそそられたのだが、彼らは自国の文化として知っていたのだな。年末のインフルエンザの時は朝晩ひと匙ずつ摂取して免疫回復に努めたが、効いたのか効かなかったのかはよく判らぬ。でもまあ一週間後には元気にはなったよ。味は確かに蜂蜜だが、シラジット自体に独特の臭みと苦みがあって、それで薬臭いと感じたようだ。

ムミヨーというロシア語がオンライン辞書に載ってなかったので、ロシア語の先生に直接聞いてみたら、やはりその原料(動物の排泄物)という点で苦笑いされた。でもインフルエンザの咳止めに画像中央にあるセージのハーブティーを箱ごと頂いたので、お礼にシラジット入り蜂蜜をお分けした。高価なものとして認識されているので、喜んでもらえたようだ。なおシラジットは薬局でも小さな錠剤として売られていると先生は教えてくれた。まあ蜂蜜と混ぜた方が飲みやすそうではある。
なお画像左の紅茶色の方が一般に「黒蜂蜜」と認識されているもの。混ぜ物はなしで、蜂蜜が採取する蜜の花の種類によってこういう色になるらしい。やはり貴重なのでお値段も高めで、独特の苦みというか風味がある。

# by hikada789 | 2020-01-18 11:48 | 宇宙人@キルギス | Comments(0)
去年の暮に『研究社の露和・和露辞典』のアプリ版が発売された。研究社の露和辞典はロシア語関係者が頼りにする優れた辞典だが、紙版は巨大で重い。それがスマホサイズになったなら携帯には至極便利だ。宇宙人は当地に露和辞典を持参してこなかったので(重いから)、ロシア語小説を読むにもスマホのオンライン辞書で調べているが、本当に使えなくてストレスになる。だって一単語しか出てこないし、二割くらいはトンチンカンな訳で、意味不明のローマ字が出てくることもあり、文法的説明はゼロ。幸いロシア語の先生の授業で修正できてはいるが、一人で読むにはオンライン辞書は粗が多すぎる。重くても紙の辞書を持って来るのだったと常に後悔しているのだ。
「究極のロシア語辞典が今アプリに!」の売り文句は、宇宙人のような辞書難民には天啓に聞こえる。お値段15,000円は妥当なところかな。和露も入っているし。ただ宇宙人は日本ではまだガラケーなのと、基本的に紙の本が好きなので(画面を長く眺めていると目が疲れる)、日本でスマホに乗り換えたら考えようと思う。いや、まさに今必要なのではないか? でもこっちで買ったスマホ(サムスン)って日本で使えないし、最近はバッテリーの減りが早くて、早くも寿命に近付いているのかと疑っている。当地の製品は総じて「安かろう、悪かろう」なので信用しておらず、突然の故障は想定内だ。辞書アプリなんて入れたら重すぎて動かなくなるな。まあ帰国してから考えよう。

亀山郁夫氏の講演会のお知らせです。もう9回目なのだな。日本にいたら是非聴講したいのだが。亀山先生は名古屋外大の教授なので、名古屋近辺でロシア文学関連の公開講座を精力的にこなしている。さすがに東京の人間がわざわざ出向くのは億劫だが、近くにお住まいの方には朗報ですね。何でも東京ばかりというのも偏ってよくないし。今回の講演会は東京です。

(1)物語の二つの「現場」ドストエフスキー五大長編を旅する(第9回)
神保町ブックセンターが主催するトークイベント。1月16日(木)19時開始。20:30から懇親会。イベントのみは1,000円、懇親会のみは2,000円。申し込みは、会場となる神保町ブックセンターまで。

(2)国際シンポジウム「ドストエフスキーの世界性」
まだ先ですが、ついでに2月22日に名古屋外大で開催されるシンポジウムもご案内。詳細はまだ判りませんが、朝から晩までどっぷりロシア文学の一日らしい。いいなあ、行きたいなあ。

# by hikada789 | 2020-01-15 09:51 | ロシアの衝撃 | Comments(0)
スウェーデンの環境少女グレタのお蔭で、いろいろ見えなかったものが見えてきました。グレタを動物行動学者の視点から分析する竹内久美子氏によれば、グレタの母国スウェーデンは早くから福祉国家として名高く、男女平等ランキングも常に上位の国であるけれども、何を以って男女平等とするかの基準となる項目そのものにかなり疑わしいものを感じると語っています。
例えば自然界においては男児が女児より若干多く(5%程)生まれるものなのですが、それは女性の方が免疫等において優れているため、免疫の劣る男性が生涯を通じて早く死にやすいという事実に由来しています。早く死ぬ可能性の高いことが判っているからこそ、自然界はそれを見越して男児出生率を上げ、将来的に男女の比率が均しくなるようにしてくれているのです。なのにスウェーデンは、この男女出生率をも1対1にしようと日々努力しているのです。なぜなら男女平等指数の項目に、この男女出生率の均一化も入っているからです。こう聞くと何か見当違いな、自然の摂理に逆らう狂気を感じませんか。
また、よく日本の男女不平等が槍玉に上げられる時に引き合いに出される国会議員の女性比率や男女雇用の平等性についても、スウェーデンは確かに女性進出が進んでいるけれども、それは法律を作ってそうなるよう人為的に誘導した結果であり、自然にそうなったものではありません。自然のあるままにした場合には、実際は日本くらいの男女の職場比率が妥当なのであり、社会もまともに動くと竹内氏は分析しています。

スウェーデンは理性的で賢い先進国という印象があるけれども、実はもう何十年も前から犯罪率は米国を上回っており、麻薬や飲酒の害悪も蔓延した病める国であり、しかしそれをどうやってか隠し続けているのだそうです。なぜそうも犯罪が多いのかというと、いま流行りの移民のせいではありません。
移民が入ってくる以前の時代から男女平等を推し進めた結果、自己主張の強い自立した女性が奨励されるようになり、家庭においては女性が男性化したからです。更には、精神的な意味での母親が不在の代わりに父親が二人いる(陽と陽)ような家庭で育つ子供が、精神のバランス(陰陽)を崩して非行に走ることが原因なのです。そして夫も、家に帰っても自分を癒してくれる優しい妻がいないため、子供と一緒に精神を疲弊させ心を病んでいき、そんな夫に腹を立てた妻が益々男性化するという悪循環が日常となっているのです。

日本は本当に男女平等ランキングの下位を恥じてスウェーデンのような社会を目指すべきなのか、竹内氏や彼女が推奨するスウェーデン事情通が書いた著作を読んで、或いは男女平等を判断する項目の妥当性に疑いの目を向けて、よくよく考える必要があります。
竹内氏は今回の騒動のグレタを見て、その出身国がスウェーデンと聞くに及び、ひどく納得がいったそうです。スウェーデンの男性はこういう女性を妻としなければならず、家には気の休まる場所がない。子供も慰めてくれる母親がいない。だから家庭は荒れ、社会も荒れる。実に不幸な国と言うべきであり、見習うべき対象ではない。
日本は幸いここまで歪んだ家庭が一般化してはいないし、判断基準そのものが疑わしい男女平等ランキングが低かろうとも、国民の精神は健全で、犯罪率も圧倒的に低い。そんな日本が一体何を変える必要があるというのでしょうか。男女の出生率さえ努力して1対1にしようなどという意見の馬鹿馬鹿しさを、瞬時に悟って笑えるアタマを持っていることの方を誇るべきではないでしょうか。そんなアタマを持っていない人たちを見習ってどうするのです。不幸な国になりたいとでも言うのでしょうか。

さて今回の余話のテーマは、グレタの命式を期待する人もいるかもしれませんが、そうではなくて、人間が行う作為についてです。私が言うのもなんですが、占いはどうして一般的に「当たらない」と揶揄されているのでしょう。かく言う私も「占いなど当てにならない」と考える側の人間であり(そうなんですよ)、だからといって算命学だけは別だと弁護するつもりもありません。
上述の話から、過度の作為や干渉は自然に反して良くないということは薄々お気付きかと思いますが、算命学は未来を予知する占いというよりは、人が持って生まれた特性を如何に活かして自然に即した生き方をするかに重点を置いています。自然に反した生き方をしているなら、本来の姿に戻すべく助言を出すのも算命学の役目です。それは確かに「作為」と呼んでもいいものですが、あくまで自然の姿に近付けるのが目的であり、それ以上は干渉しません。ましてや「自分が成功した人生になるようレシピをくれ」という依頼人には冷ややかな態度で臨んでいます。自分の人生を他人の指図通りにして良いという考えの人間に、この自然界で活躍できる場はないからです。
今回は、算命学が助言として人を動かす「作為」と、その結果何が起こるかについて考えてみます。鑑定技術の話ではないですし、算命学思想に直接関わる話でもありません。純粋に思考を巡らせるための、常識を鍛える内容です。

(この続きは「フォークN」と「パブー」に公開しました。副題は「作為と未来」です。「算命学余話 #R119」で検索の上、登録&ココア1杯分の料金をお願い致します。登録のみは無料です。)

# by hikada789 | 2020-01-13 00:36 | 算命学の仕組 | Comments(0)
露文翻訳の誼で興味をそそられた二葉亭四迷の『浮雲』を青空文庫で読もうとしたら冒頭から読みにくく、これのどこが言文一致かと訝しむに、結構な分量だったこともあってひとまず置いて、文芸評論家・内田魯庵著『二葉亭四迷の一生』を先に読んでみた。この人の文章は小気味よくて面白く、読みやすい。親交の深かった四迷への情愛と冷静な批評が混在していて、しかも矛盾に満ちた四迷の人生を矛盾なく描写していた。
四迷の人生がどう矛盾しているかといえば、算命学が喜んでサンプルにしたくなるような宿命天中殺タイプで、やることなすこと全然意にそぐわないのに、成果は大いに上げているというところだ。若年にして『浮雲』で論壇のトップに躍り出たというのに、文学への情熱が冷めると外交・国際政治に傾倒して政経分析などの記事を書き、でも周囲は文学をやってほしくして四迷に無理やり小説を書かせ、本人はいやいや書いたのにまたまた名声が上がる、という具合だ。最期は念願の海外駐在員になって、現地で国際情勢の分析を大いにやろうとした矢先の客死であった。何だか何一つ思い通りにならなかった不遇な明治人に思えるが、やはり功績は絶大だったと魯庵は語る。文人としての功績と、露語翻訳及び後進育成の功績である。

詳細は本文を読んで頂くとして、笑えるエピソードを一つ紹介しよう。四迷のロシア語がいかにハイレベルであったかを物語るに、『浮雲』を書いている最中に日本語が行き詰まると、四迷は一度ロシア語で文章を書き上げ、それを和文に翻訳して原稿にしたという。まさかそんなことがと信じない人もいるかもしれぬが、当時は現在のような小説の文体が確立していなかった時期であり、また四迷自身がロシア文学とその原文にどっぷり浸かった体質であったことから、母語ではないロシア語で書いた方が楽だったのだ。その証拠というわけではないが、四迷のロシア語のレベルは、ロシアの文人ダンチェンコが来日した際に能舞台を鑑賞することになり、その前夜に四迷が能のあらすじを露文で一気に書き上げたというエピソードからも汲み取れる。

宇宙人は今ロシアの現代作家の小説をちまちま読んでいるが、仮に日本の現代作家の作品を露訳しろと言われたら、無理ですと断るであろう。逐次通訳なら何とかごまかしつつできなくもないが、文学作品を外国語に適切に訳すのは相当の実力がないと惨めな結果になる。
『二葉亭四迷の一生』 (No.1279)_b0214800_18465831.jpg魯庵の分析によれば、四迷の言文一致体が他の文人に比べて優れているのは、四迷があまりにロシア語に精通していたことと、士族の出身であることから幼少より硬い漢文に慣れ親しんでいたことが原因だという。というのは、他の文人の言文一致体は江戸時代からの戯作文の影響から抜け出せず、その国文臭が抜けないことが災いしていたからだ。四迷はそういう俗文を読んでこなかったので、全く新しい文体をゼロから構築できた、或いはそれは国文より外国文と言った方が当たっているかもしれない。そういうことを魯庵は語っている。なるほど。
なお画像は宇宙人がロシア語の先生から正月に頂いた「パドスタカンニク」。スタカーンは画像のような把手のないガラスのコップのことで、これに熱湯を注ぐと熱くて掴めないことから発明された金属のカップホルダーをパドスタカンニクと呼ぶ。パドは前置詞「~の下に」。ソ連崩壊直後のシベリア鉄道で宇宙人はこれを初めて見たが、帝政時代から使われている実用工芸品である。大して高価ではなく、デザインもいろいろだが、今読んでいる小説にこのアイテムが出てきたので、先生が自宅の物置から探し出して記念にくれたのだった。最近はさすがに見なくなったという。気の利いたマグカップの方が人気があるからだ。土産物としてはまだ生産しているかもしれないが、中に入れるスタカーンもそういえばここキルギスでは見かけない。四迷がロシアに行った時には多分使っただろうと思われる。嬉しいアンティーク土産である。

# by hikada789 | 2020-01-10 18:47 | 宇宙人の読書室 | Comments(0)