ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

(以下は2011年4月9日にアップした営業用看板です。性質上、随時更新し、不定期にブログの表面に移動させて告知効果を上げようと思います。宇宙人は営業中でございます。なお、夏休みや連休などは休業することがありますので、返信が滞る場合は休み明けまでお待ち下さい。)
*********************************************
土星の裏側へぐるっと回って悩み相談を望まれる方に、地球人・宇宙人を問わず運勢鑑定を引き受けます。鑑定手法についてはカテゴリ「算命学の仕組み」をご覧下さい。

(1) 無料鑑定『あなたの山水画』
その人の人生の青写真を陰陽五行の風景画として描写し、大まかな生き方アドバイスをします。ご依頼の際は生年月日と性別と、当ブログの何に興味を持ったのかを一筆添えて、一番下の専用メールアドレスへお寄せ下さい。
一筆のないものや辻褄の合わないものは防犯上返信しないのでご注意下さい。(当ブログのコメントでの受付は終了しました。また山水画に対する質問は受け付けないので、質問をしたい方は恐縮ですが有料鑑定へお進み下さい。)
公開してよければ鑑定結果を当ブログに匿名で掲載しますので、お知らせ下さい。生年月日非公開をご希望の場合は、結果そのものを掲載しません。
なお、ご依頼人本人のみの鑑定に限らせて頂きます。また依頼が混んでいる時はお断りすることがありますので、ご了承下さい。

(2) 有料鑑定『土星一周』
生年月日と性別と具体的な相談内容、その人物の略歴、家族構成、現在の生活環境を可能な範囲で、一番下の専用メールアドレスへお寄せ下さい。具体的な相談内容のないメールは、防犯上返信できません。
非公開をお望みと思われますのでメールアドレスを添えてその旨お知らせ下さい。直接返信し、必要に応じて2-3往復やりとりします。真剣勝負です。興味本位の方や現状を改善する意志のない方はご遠慮下さい。(※鑑定は辛口になることが多いので、当ブログ記事をいくつかお読みになった上で免疫力をつけておくことをお勧めします。また右手のカテゴリ「宇宙人の診察室」に依頼ノウハウの記事があるのでご参考下さい。)

◆鑑定可能な相談内容(複数受け付けますが、必ず具体的な相談事項を添えて下さい。)
- 宿命鑑定:その人が持って生まれた人生の青写真を鑑定。
- 運勢鑑定:宿命とその後の環境から、今後の運勢を判断。
- 性格判断:宿命から派生した人格やその長所、欠点、改善方法を鑑定。
- 仕事関係:適職や転職、起業、事業について鑑定。
- 結婚鑑定:結婚・離婚判断、良縁判断、相性判断など(恋愛相談は不可)。
- その他:転居判断(方位は不可)、子供の養育相談、病気の傾向など、ご相談に応じます。

◆鑑定料金:8,000円(一人分。相性判断に限定した場合は二人分まで。リピーターは同じ生年月日に限り6,000円)
◆鑑定を始める前に、鑑定内容についての事前打合せをします。鑑定に踏み切るかどうかの判断材料として頂き、依頼人・鑑定者双方の了解の上で鑑定を開始します。鑑定結果の送信に何日かかるかもその際お伝えします。(他に依頼がなければ通常1-2日で回答します)
◆鑑定技術に関する質問には原則としてお答えできません。『算命学余話』に技法の一部を公開していきますので、興味のある方はそちらをご覧下さい。
◆なぜ恋愛相談は不可なのか? 恋愛は人生の大事ではありません。結婚や出産は大事ですが、恋はいくらでもして、何度でも失敗して下さい。命に別状ありません。
◆対面鑑定は現在、知人紹介のみ受け付けます。メール相談より若干料金上がります。まずはご相談下さい。また未成年の方の依頼はお断りすることがあります。
◆携帯アドレスでのご依頼は返信エラーになることが多いので、パソコンアドレスからお問合せ下さい。
◆算命学は未来を予測するものではなく、可能性の高低を多角的に判断するものです。どちらかというと統計学に近いものですので、水晶玉占いの類をお求めの方は他を当たって下さい。
◆鑑定専用メールアドレス:doseiura1◎excite.co.jp (◎には@を入れて下さい。手作りレザーグッズの問合せもこちらです)

【宇宙人からの苦言】
有料無料を問わず鑑定依頼を寄せられる方の中に、一方的に依頼だけしてお礼の返信もしないとか、依頼の取下げを無言で済ませるなどのマナーに欠ける方が稀におられます。武道家の宇宙人が日本的礼儀作法を美徳として重んじていることはブログ記事からも読み取って頂けるかと思います。世の中に「無料」のサービスが普及したせいかお礼も言えない人たちが増えたことは、日本文化にあっては嘆かわしいことです。宇宙人は聖人ではないので、虫の居所の悪い時にはこうした人々の暴挙をブログに挙げて曝し物にしないとも限りません。皆様の節度ある対人マナーがメール相談にも発揮されますよう、心より希求致します。
[PR]
# by hikada789 | 2018-02-19 20:46 | 宇宙人の診察室(営業窓口) | Comments(42)
算命学余話は、算命学の初歩を知っている学習者がその先の理解を深めるためのヒントを提供することを目的とした読み物です。技術的な話より思想的な話の方に重点を置いているのは、算命学の観点から見てこの世の仕組みがそもそもどうなっているのかを把握していないと的確な運勢鑑定に至らないと考えるからですが、興味本位で算命学を知って安易に他者を占っている人も少なくありません。そういう人たちは算命学の思想的な側面に注目せず、鑑定技術だけに頼って占っているらしく、そのために鑑定に行き詰りを感じる人も多いように見受けられます。
算命学は陰占と陽占の二本立てということからも知れる通り、唯一絶対の答えというのをそもそも用意しておりません。それどころか陰占と陽占が互いに矛盾するという鑑定結果も大いにあり得るのです。その矛盾をどう処理して現実に反映させていくかという解決技法にはマニュアルのようなものはなく、算命学の思想面の理解を深めることで自然に身に付くものです。算命学余話はそうした理解と技術の向上を読者に促すために書きつづられております。

今回の余話のテーマは、「返し」についてです。「返し」については過去にブログ記事の中で触れているので知っている方も多いと思われますが、算命学余話として編纂したことはなかったので、今回改めて論じてみます。既に知っている方にとっては新しい知識ではないので、特に購読の必要はないかと思います。しかしまだ知らない人にとっては、安易な鑑定、つまり他者を占うという行為がどれほどの危険を孕んでいるかという厳しい現実を見つめるよい機会となるでしょう。
他者を占い助言を出すという行為は、相手の人生に干渉するということです。これがどういうことを意味しているのか、知らずに占っている人は是非読んで下さい。これを知らずに占うことは大変危険な行為なのですが、一体なにが誰にとって危険なのか、その危険を回避する手立てはあるのか、考えてみます。

(この続きは「ブクログのパブー」サイト [http://p.booklog.jp/] に公開しました。副題は「返「し」を考える」です。「算命学余話 #R56」で検索の上、登録&義理チョコ1箱分の料金をお願い致します。登録のみは無料です。)

[PR]
# by hikada789 | 2018-02-16 11:38 | 算命学の仕組 | Comments(0)
冬季五輪が始まったが、ウィンタースポーツに縁のない宇宙人は唯一芸術性が問われるフィギュアスケートくらいしか興味がない。あとエアリアルはちょっと見たいかも。他にも技の出来栄えを競う競技はあるが、冬季ゆえのウェアのせいで美意識が刺激されぬのだ。ダブダブして足も短く見えるし、ゴーグルや防具で顔が見えない。スピードスケートのような全身タイツもお笑いっぽく好みでない。ウェアビジネスにまだまだ開拓の余地があるのでは。まあ美を競う祭りではないから、せめて選手の皆さんには怪我をせずに実力が発揮できるよう祈るとしよう。
ところで最近選手がインタビューに答えて、勝った人が「自分のやってきたことは間違ってはいなかった」と言い、負けた人が「自分のやってきたことは間違っていたのだろうか」と言うのが流行っている気がする。きっと誰か有名人が言い出したのをマネているのだね。しかしそんな風にコメントを人まねしている限り君の実力は開花しまい、というのが宇宙人の見解だ。

宇宙人は算命学者なので、人間は誰一人として同じ者もいなければ同じ人生を歩む者もいないという立場である。従って、人まねをしてもその人のようには成功しないという真実を知っている。成功への道は人の数だけあるので、誰か成功した人が通った道だから自分もここを通れば成功すると思うのはピントがずれている。自分が成功するために必要な道は自分自身で見つけるしかないのだし、その道を更に誰かがまねようとしてもやはりその人の成功には至らない。
人マネをして効果があるのは成長期の子供くらいなもので、分別がついて自立した人となった暁には、もう人まねが大して効果を上げないことくらいとうに気付いて、自分にとって何が効果つまり価値あることなのか模索している。それが大人というものだ。厳しい訓練に耐えたはずのアスリートたちがしばしば常識はずれな言動で世間を驚かせるのは、スポーツという限定した世界で突出した反作用で一般常識を身に付けられなかったことが大きい。子供のうちからコーチの指導に従って練習を積んだだけの人間が「自分のやってきたことが間違って」いたかいないかなど論じるのは滑稽だ。だって人から言われたことをやってきただけなのだから、それは成長期の子供のレベルの話にすぎないのであり、もう子供の年齢でないのなら全然通用する話ではない。

とはいえ、人から言われるのでなく自分自身で見つけた練習方法なりを試して結果を出すには、今のスポーツ競技のピーク年齢を考えればほぼ不可能である。こういうセリフを言っていいのはレジェンドの葛西やイチローなど、成人後の競技生活の長い選手に限る。そしてこういう選手なら尚更、自分の辿った成功の道が自分一人にしか通用しないことを熟知しているのだから、「君のやり方は間違っている」などとは言わないはずである。だからどちらに転んでも「自分のやってきたことが間違っている/いない」というセリフは真実から遠いので価値がない。従ってそんなセリフを吐くアスリートは大成しない。宇宙人はかように考えている。

スポーツついでに目からウロコ話をひとつ。武道家の甲野善紀氏曰く、スランプというのは実はこの世に存在しないという。彼の考えによれば、スランプとはかつて味わった「いい感覚」をもう一度取り戻そうとする余り、いろいろ余計に動くことで生じる不調和である。
生物たる人間は成長や老い以前の日常の細胞レベルからしてずっと同じではいられず、日々刻々変化している。ただ生きているだけでも変化しているのに、更に体を鍛えれば筋肉は増えるし、体も柔らかくなるし、骨は丈夫になるし、神経は発達する。訓練すればするほど体や感覚は変わっていくのだ。それを、既に変わってしまっている自分を無視して「以前の自分」に固執し、以前の技を今の体でひねり出そうとし、できない姿を我々はスランプと呼んでいるにすぎないのではないか。b0214800_18043562.jpg
従って、過去の自分に拘るのではなく、人間は日々変化しているという現実を肯定的にとらえ、今の自分、もう変わってしまっている現在の自分に照準を当てれば、スランプという概念はなくなり、新しい今の自分にしかできない技の開発に打ち込める、つまり新しい世界を切り拓くことができるのではないか。甲野氏はかように考えるに至っている。どうですか、目からウロコが落ちませんか。宇宙人は落ちました。

落ちたついでに、画像は靴教室で作った最新のモカシンブーツ。宇宙人、もういい加減にしろなのだ。いや教室が間もなく移転するし、またいい色の革を見つけてしまったので駆け込みに一作。ほら、いい色の革なんて以前にはなかったものなのだよ。状況は日々変化しているのだよ。画像は発色が良すぎて絵具のような黄緑に映っているが、実際はもう少し落ち着いた、革らしい淡いムラのある黄緑である。ブーツは初挑戦だったがこれも1日で作れた。足の甲から足首まで覆うのでピッタリフィット感が半端ない、あったかくて走れるショートブーツ。ヒモを結ばなくても脱げる気がしない。興味のある方は、移転後も営業は続くので是非お試しを。

[PR]
# by hikada789 | 2018-02-13 18:05 | その他 | Comments(0)
エドワード・ラジンスキー著『アレクサンドルⅡ世暗殺』を読んでいるが、資料を駆使した歴史物にしては笑える。エカテリーナ2世が反目する夫・ピョートル3世を廃して帝位に就くべく画策した様子を、「ピョートルは妻を修道院送りにしてやろうと考えていたが、エカテリーナは夫をあの世へ送ってやろうと考えていた」と描写するなど容赦がない。アレクサンドル2世はこのピョートル3世の曾孫に当たるが、その時代背景を説明するために冒頭にかなりのページを割いて、ピョートル1世から5世代の帝位継承事情を語っているので、ロマノフ王朝史を知るのに手っ取り早い作品だ。
ラジンスキーの考えでは、ロシアの帝位に就くための不可欠の要因は近衛軍つまり武力であり、この真理を正しく理解している者だけが帝位に就いたという。血筋や能力はそっちのけで、この真理を最もよく把握していた皇帝はドイツからお輿入れしてきたエカテリーナ2世だったと断言。だから外国人だろうが女性だろうが彼女は立派なロシア皇帝に成りおおせたのだ。この話、実は現代のプーチン政権にも当てはまる。プーチンを西側流の価値観にそぐわない極悪独裁者かのように理解している日本人も少なくないが、プーチンが国外の人間に対して獰猛な牙をむいたことはなかったし、これからもない。しかし国内に向けては容赦がない。外敵よりも身内の恥の方を苛烈に懲らしめる。これはソ連時代も同じであった。ロシアの施政者は時代を問わずいつもこうであるとラジンスキーは言っているのである。

とはいえロシア皇族も人間であるので、誰もが野心家ではないし、臆病者もいたし、帝位から離れて静かに暮らしたい人もいた。エカテリーナ2世も若い頃は野心などないただの外国人妻であったので、近衛軍によるクーデターで夫を排除するのにも躊躇いがあった。しかし伝説によれば、クーデターのその朝、決行を促すため訪れた愛人オルロフは、「彼女の子宮に決断力を注ぎ込んで」遂に帝位に押し上げたのであった。何とも上品な皇位簒奪劇である。
本編の主人公アレクサンドル2世の父親であるニコライ1世は、有名なデカブリストの乱の当事者だが、この人も長兄から帝位を受け継ぐ不吉を嫌って、逃げ回る次兄と玉座を押し付け合っていた。しかし例によって近衛軍が勝手に暴走し、まだ何も悪いことをしていないのに家族もろとも殺害の危機にさらされるに至って、彼もまた「決断力を注入して」帝位に就き、造反者を徹底的に弾圧したのであった。その苛烈さは、啓蒙君主であったエカテリーナ2世が折角廃止した死刑を復活させたほどである。ニコライ1世、もともとこんなキャラではなかったのだが、ロシアの支配者になるとキャラの変更を余儀なくされるのであった。

宇宙人はエリツィンの時代にロシアに暮らしていたが、当地の実務のトップである首相がプリマコフからプーチンに変わった時、まだプーチンは支配者ではなく能吏の顔をしていた。しかしその後プーチンが大統領になった時には、顔つきが変わっていた。プーチンもまたどこかのタイミングで自ら決断力を注入したに違いない。

[PR]
# by hikada789 | 2018-02-10 15:01 | ロシアの衝撃 | Comments(0)
コインチェックの仮想通貨流出問題で被害を被った参加者が街頭インタビューに応じる画像が報道されていたが、次々に写し出される若い男女の顔を見るに、どれも頭が弱そうである。楽して儲けようという下心がしっぺ返しを受けたのだからもっと恥ずかしそうにしてもよさそうなのに、そんな素振りは皆無である。子供達よ、こういう顔の大人になってはならぬぞ。
同様に、成人式の晴れ着の会社が当日ドロンした事件でも、被害者の顔に知性が見受けられないと感じたのは宇宙人だけだろうか。世間がこぞって新成人らに同情するのが宇宙人には不思議に思える。成人式とはもう子供ではないぞ、大人なのだから刑事犯になれば刑務所だぞ、酒やタバコも自己責任だぞ、働かざる者食うべからずだぞ、子供みたいに大目に見てもらえないぞ、という通達の儀式なのに、いつから晴れ着で練り歩く行事になったのか? 成人式のその日に詐欺に遭うなど有難い社会勉強になってではないか。これを機に成人・社会人として気が引き締まって、油断のならぬ大人社会を生き抜く戦闘モードを早くも体験できたことを喜ぶべきでは? 二度と騙されないよう社会を良くするために、今後の選挙の投票も真面目に考えるようになるのでは。

なぜ人は詐欺に遭うのか。それは楽して儲けようとするからだ。楽して難を逃れようとするからだ。そんな都合のいい解決法などこの世にありはしないのである、一歩一歩、着実に歩を進めなければ物事は解決しないのである、という真理を知る者は楽して儲ける行為を慎むので、結果的に詐欺には遭わない。詐欺に遭うのは、その人がこの世の真理に気付かぬほどのボンヤリ者だからである。宇宙人はかように考えている。子供達よ、ラクして何かが手に入ると安易に考えるようなボンヤリした大人になるでないぞ。口が開きっぱなしなアホ面の大人になどなるでないぞ。
故米原万里が、昨今の若者批判をするのにひと昔前のロシアの若者を引き合いに出した、不思議な笑いをそそる文章を書いているので紹介しよう。

――『コペルニクスの太陽系の分析的解明』という論文を書き優秀な成績で卒業したゲルツェンは、その時の指導教官で天文学会の第一人者だったペレヴォーシチコフ教授と卒業後食事をする機会があった。教授はゲルツェンが天文学を続けなかったことをさかんに惜しむ。「でも誰もかれもが先生の後について天に昇るというわけにはいかないでしょう。私たちはここで、地上で、何かかに仕事をやっているのです」と答えるゲルツェンに教授は反論する。「どんな仕事ですか。ヘーゲルの哲学ですか! あなたの論文は読ませて頂きました。さっぱりわかりません。鳥の言葉です。これがどんな仕事なものですか」。
鳥の言葉。何と言い得て妙なのだろう。人文系の学問に携わる人々の言葉が、恐ろしく難解になっていく一方で、一日平均30語で事足りている若者達の群れ。――『面白すぎる「自分史」と毛嫌いのスターリン本』より(『偉くない「私」が一番自由』ほか収蔵)

ロシア関連のシンポジウムのお知らせです。
(1)国際シンポジウム「歪んだ喪 ロシアと日本の慰霊の条件」
アレクサンドル・エキトント欧州大学院教授と東浩紀氏による討議。2月17日(土)14-17時。東京大学駒場キャンパス18号館ホール。入場無料。通訳あり。同教授の公開講義は2月20日に京都大学でも開催されます。

(2)講演会「南極ビエンナーレ 科学と芸術の調和を求めて」
ヴェネツィア・ビエンナーレ他国際芸術祭で活躍する美術作家アレクサンドル・ポノマリョフ氏の講演会。2月23日(金)14-16時。千葉大学アカデミックリンクセンターI棟1階セミナー室「まなび」。聴講無料。逐次訳あり。

[PR]
# by hikada789 | 2018-02-07 22:01 | ロシアの衝撃 | Comments(0)