人気ブログランキング |
ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

朝の爽やかな音楽 (No.112)

アナログ放送の終了後、朝ラジオを聴く機会が増えた。お気に入りは放送大学で、現在朝7時半から連載している日本の古典がなかなかよい。宇宙人は漫然と能を習っているが、地謡を暗唱しているうちに旋律つきの和歌が記憶層に刻み込まれるので、ラジオの講師が伊勢物語の中の歌などを紹介していると、こちらの脳が勝手に反応して既知の歌と認識し、メロディーをつけるのだ。なかなか趣味のよいオートですね。
しかしラジオは向きによって雑音が入って聞こえなかったりするので、その時々でチューナーをころころ回さねばならない。偶然拾ったローカル放送が、すごいラップを流していた。テーマは放射能。これは聴き方によっては被災者の感情を害するおそれがあると思うから、もしかしたらその後抗議の電話が鳴り響いたかもしれないが、あまりのディープインパクトに思わず記憶してしまった一部を紹介しよう。

♪ 放射能すごい。放射能つよい。
 放射能すごい。放射能えらい。
 民主党。自民党。社民党。共産党…(以下政党の名前がずらずら早口で並ぶ)
 放射能えらい。差別しない。
 吉本、ジャニーズ、…(以下芸能界や大企業の名前がずらずら早口で並ぶ)
 放射能すごい。差別しない。
 放射能こわい。放射能いたい。
 生まれた子供に恨まれるなんて、イーヤーイーヤーヨー(「一郎さんの牧場で」のパロ)
 豊かで不健康な生活なんて、イーヤーイーヤーヨー…
 放射能すごい。放射能つよい。
 放射能えらい。放射能こわい…

思わず朝食をとる手が止まりました。発音は歯切れのよい日本語だったので邦人だと思うけど、非難殺到したかもね。でも宇宙人は好きだな、こういうの。ラップというより童謡に近いノリだったので聞き取りやすかったし、「差別しない」のがえらいという皮肉が真実を突いていて好感を持てた。よもやNHKの「みんなのうた」じゃないだろうなあ。どこの局だか知らないけど思い切った選曲だ。
by hikada789 | 2011-09-13 12:11 | その他 | Comments(0)