ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

手帳型スマホケース (No.925)

b0214800_1255079.jpg友人からの注文の手帳型スマホケースが完成した。画像の紺色の方がその作品で(上のケーブルバンドはおまけ)、赤い方は一カ月でボロボロになったという中国製既製品。この既製品はもはや合皮でさえなく、厚紙を貼っただけのように見受けられた。これではボール紙がすり減るように中身が出てきてしまうのも当然だ。友人はこの既製品はもういらないというので、中のプラスチックケースをもぎ取って再利用。マグネットも再利用できなくもなかったが、紺の牛革が1.4ミリとやや厚いため、磁力が届きにくいと判断し、市販の丸型マグネットを新しく付け替えた。あとは特に材料もなく、外周を縫う同色の麻糸を購入しただけ。開いて左側のポケットもカード差込み口ひとつで足りるというので、カッターで切り込みを入れれば完成だ。
b0214800_127215.jpg友人は満足しており、本革なので手に馴染むと感想を述べてくれた。私はスマホを持たないので耐久性は未知数だが、何年経っても赤い既製品のようにはならないと断言できる。数年後にすれてきても中身は牛革だ。ボール紙のような中身がはみ出て来る心配はないし、本革の利点は何と言っても経年による味わいである。旧くはなってもボロくはならないのが最大の魅力なのだ。モノを大事に長く使う人に本革製品は自ら寄って来るであろう。最近またバブーシュの依頼が来た。宇宙人もこのニセモノが横行する地球にあって、本物の製品の普及にひと役買うのだ。
[PR]
by hikada789 | 2017-02-01 12:06 | その他 | Comments(0)