人気ブログランキング |
ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

手工芸作品展 in 上野 (No.966)

本革バッグ鋭意制作中。画像は知人より注文のキラキラのシルバー牛革で作ったハンドバッグ。パーティバッグとかいう奴だろうか。宇宙人は今どきの女性たちのアイテムに疎いから、こういう品は注文がないと作る機会もなければ知識もない。仕様は依頼主に指定してもらった。いまだかつてなくフェミニンな作品となり、自分はこういうのも作ろうと思えば作れるのだと知った。裁縫が得意でもなくミシンもない宇宙人は、バッグの裏地つまり内袋を作るのを億劫がるため、今回は中にそれらしい色の布を直接貼り付け、一部を白の豚革で補強した。これだと内ポケットが付けられないが、作るのは簡単である。b0214800_1833521.jpg
アピールしたいのは持ち手。これまでは細長く裁断した二枚の革を貼り合わせて糸で縫い付けた持ち手を作ってきたが、これだと厚みが出てしまうのと、コバ(裁断面)が剥き出しになるため多少ごつい仕上がりになる。ごつ目の四角いバッグばかり作ってきたので気にしてなかったが、今回のキラキラ革と使用目的には合わないとみなし、初めて革漉き職人のアトリエを訪ねてみた。そういう職人がいるのだよ。電話で作業時間と料金を尋ねたら、一本だけなら只でいいという。宇宙人は労力には正当な報酬を払うべきだと考えているので、受け取ってもらえるよう菓子(かりんとう)を持って行った。その場で機械で漉いてもらい、1分もかからなかったが、中央を残して両サイドがきれいに薄くなった。これを三つ折りにすると厚みのないひらべったい持ち手がのり付けだけで出来るのだ。職人さん、ありがとう。そんなわけでご婦人向けパーティバッグもご注文承ります。

レザー教室の先生が作品展示とワークショップをやる手工芸作品展が本日より上野の東京都美術館公募棟2Fで開かれております。文科省が後援している工芸指導を旨とした恒例行事で、各分野の工芸指導者が実演や体験教室で来場者をもてなします。入場料は一般のみ千円で、学生以下は無料。ワークショップは子供でもできるものもあります。開場は9:30から17:30。ワークショップは日替わりで、千円から六千円とものによって差があります。レザークラフトは6月1日午後のみ開催。展示は6月4日(日)13時までやっているので、週末にでもお運び下さい。HPもあります。
by hikada789 | 2017-05-30 18:34 | その他 | Comments(0)