ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

ロシア映画祭 in 東京 (No.995)

今どきのロシア事情がわかるロシア映画が無料で見られるイベントのご案内です。「ロシア映画祭 in 東京」で検索するとチラシPDFが出て来て、これが入場券になります。今週のみと期間が短く当日限定なのでスケジュールを掲載しましょう。90分前後のコメディが多いです。夜なのでお仕事帰りにでも。
◆10月2日18:30 「ピッチ」ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場(台場駅1分)
◆10月3日18:30 「好青年」全水道会館4階大会議室(水道橋駅2分)
◆10月4日18:30 「トリ」全水道会館4階大会議室
◆10月5日18:00 「叙情」在日ロシア大使館付属学校(神谷町駅5分)(※定員〆切ました)
◆10月6日16:00/18:05 「緑の馬車」「ドリームフィッシュ」全水道会館4階大会議室
◆10月7日18:30 「白夜」全水道会館4階大会議室 (※定員〆切ました)

最終日の「白夜」はドストエフスキーの同名小説を元ネタにしているそうです。
「白夜」といえば、もうかなり前だが米ロコラボ映画で「白夜」というのがあった。まだソ連時代だったかもしれないが、ロシア人の亡命バレエダンサーと米国の黒人ヒップホップダンサーを並べて踊らせる目的で作られた冷戦期のドラマで、名前は忘れてしまったが本物の亡命ダンサーと著名な黒人ダンサーの競演が呼び水だった。しかしヒップホップなんぞ知らなくともロシアでバレエをさんざん見てきた宇宙人には、この二人が並んで同じ振付で踊るのを見ればその力量の差は歴然なのであった。体幹が違う。クラシックバレエはまず幼少期から基本姿勢を叩き込まれるため軸がブレない。これに対し黒人の方は基礎ができていないから勢いだけで回転しており、軸がブレる。どちらが美しいかは言わずもがなだ。学校の体育でヒップホップを取り入れる教育者たちの気が知れぬ。

ところでこうしたクラシックの偉大さを痛感する音楽を最近見つけた。ニコライ・カプースチンという作曲家だ。カプースチンはウクライナ出身だが、ソ連時代のモスクワ音楽院で学んでいるのでロシア人音楽家として認識される場合もある。そのピアノテクニックはロシア・クラシックの王道であり、しかし卒業後はジャズに転向、自ら作曲したピアノ曲を自ら演奏して人気を博す。今80歳くらいだが10年ほど前まで自演CDを意欲的にリリースしていたという。YouTubeでも聴けるので是非お試しを。超絶技巧ジャズです。しかも技術がクラシックなので全然ブレない。イケイケなのにタッチが乱れない精密ジャズ。カッコいい。これはピアノ弾きなら弾きたくなるよ。宇宙人も楽譜を検索してみたが、人気が高く、絶版ものが高額で取引されていた。宇宙人の欲しい物は本のみならず楽譜までも絶版ものなのであった。誰かプレゼントしてくれないかな。
[PR]
by hikada789 | 2017-10-02 12:43 | ロシアの衝撃 | Comments(2)
Commented by ayako at 2017-10-17 00:01 x
いつも興味深く拝読しています。算命学、ロシア話、お能、どれも面白いですね。私は、趣味のバレエ鑑賞から、近年ロシアバレエにはまって以来、増々ロシア文化が好きになりつつあります。白夜はミハイル・バリシニコフ主演ですね。彼は、スターの中でも別格の天才肌という位置づけだと思います。今でもパフォーマンスしていて、先日、高松宮記念世界文化賞を受賞されましたね、式典来日の彼の映像をニュースで見たら、相変わらずの精神性の強さを感じさせる、凛としたご様子に感嘆しました。DVDでしか観たことがないので、生の舞台を観てみたいです。お能をやっている、ブログ主様なら、ド素人の私よりももっと、ミーシャの身体能力のあれこれに見どころがありそうです。80年中頃の映像とか、凄いです。高度な技術、動きのキレ、観る者を引き込む表現力、圧巻です。つい先日、DVDを見返して、やっぱりミーシャ、凄い!って思っていたら、白夜を見つけ、文化賞を見つけで、嬉しくなってコメントしちゃいました。
Commented by hikada789 at 2017-10-17 15:02
ロシアにいた頃、パリで活躍しているフランス人バレエダンサーを主演に招いた『スパルタクス』を見たことがあるのですが、主役以外はボリショイ・バレエ団で、主役は浮きまくってました。技量は問題ないのですが、雰囲気が俗っぽい。コメントさんのようなバレエ通の同行者は「あの主役はいらん」とブーブーでした。バレエは情感を表現する芸術ですが、同じ情感を表現していてもこんなに差が出るのは、もはや技量ではなく精神性が違うからだと痛感しました。社会主義国家の負の側面は既に周知のことですが、資本主義国家の文化的頽廃についても世に知らしめたいものです。