ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

速度が速すぎるから (No.1093)

サッカーW杯が俄かに熱気を帯びている。日本が強豪コロンビア相手に金星を上げたからだ。でもあれがハンドのお蔭であったことは誰の目にも明らかで、急に実力が上がったのだと勘違いしてはいけない。ともあれ今大会、格下が格上を破る波乱が続いているのは事実である。
宇宙人はサッカーに疎い。なぜ疎いかというと、Jリーグのクラブ名を1つ挙げろと言われて「ヴェルディ川崎」と答えて笑われて以来サッカー情報を脳内に入れることを辞めたからだが、それでもどうにか知っているスター選手といえばメッシである。彼が18歳でWカップ初出場した時は巻き毛の長髪が可愛かったが、今はすっかり汚いオッサンになってしまった。それでもプレーは依然頭抜けていて、スポーツニュースでちらっと映るだけでも彼だと判るほどその動きは他を圧倒している。
W杯はそんな彼の雄姿をフルタイムで拝める貴重な機会なのだが、アルゼンチンは現在1敗1分と予選敗退寸前だ。メッシがいるのになぜ。答えは他のチームメイトが彼の速度に合わせられず、メッシの実力が活かせないからである。まずスピードが合わないし、メッシというスターに遠慮しているのか、彼を囮に使って自分がシュートしようという気概に欠ける。だから攻撃が単調なのだ。このため格下が格上を破る今大会の傾向にアルゼンチンもはまってしまった。メッシが悪いわけではないのにこのまま予選敗退となって、彼の活躍を見られなくなるのは残念である。

ところで最近のお勧め図書『アナスタシア』シリーズでは、キリスト教徒である著者のメグレ氏が、なぜ人間は神の姿を見ることができないのかという疑問を発し、アナスタシアの祖父が以下のように答えている。

――誰も神を見ることができないのは、神の意識があまりにも速く、あまりにも濃い密度で作用するからだが、これは自転車の車輪のスポーク(放射状の細い棒)が走行中に見えないのと同じだ。走行をやめれば見えるが、それでは自転車は走れない。神が人間のレベルまで意識を遅くすれば、もはやそれは神ではない。だから神が意識を遅くするよりも、君が意識を速めることを学んだ方がいい。意識の速度が遅い人と話をすると、君は苛立ちを覚えないかい? その人に合わせて自分の意識をスローダウンするのは苦痛にならないかい?
――確かに。馬鹿に合わせるには、自分が馬鹿にならないと。
――神にとっても同じなのだよ。神が人間のレベルまでどうにか意識を遅くした自分の息子たち(分身)を地上に遣わすと、群衆は反発してこれを弾圧してきた…

この話、先のメッシの実力が出せない話とかぶせてもいいし、我々の身の回りにいる意識の速度の遅い人に対し、なぜ我々は苛立ちを覚えるのか、そのメカニズムの説明と捉えてもいい。祖父はまたこんなダメ押しもしている。

――我々(シベリア奥地に生きるアナスタシアとその祖父、曾祖父)のような生活を送る人間は、君たちテクノロジー優先の世界に暮らす人々より格段に速い意識速度を持っている。我々の意識は、着るもの食べるものといった絶え間ない多くの心配事に邪魔されて速度を落とすようなことはない。だが君とこうして話すのは(君の速度に合わせて自分の速度を遅くしているにも拘わらず)私にとって苦痛ではない。私は孫娘を愛していて、彼女のために少しでも役に立てるのが嬉しいからだ。

宇宙人は子供好きではないが、だからといって子供が嫌いというほどではない。好きでない理由は子供が、当然のことだがまだ高い知性を身に付けていないからで、その子供レベルの話を続けるのがいささか苦痛になるからだが、実際には子供と話していてそれほど苛立つことはない。なぜなら子供が純粋で、妬み嫉みや悪意といった不快な内面をまだ備えていないからだ。これに対し、レベルの低い大人を相手にしていると苛立ちは怒りの域にまで達する。何十年も生きていながらこのレベルなら生きる意味はない、これ以上の生存は酸素の浪費だ、今すぐあの世へ行け、次は食って寝るだけの家畜に生まれ変われ、と遠慮なく思っている。アナスタシアたちに言わせれば、この場合私は子供たちには愛情を以って接しているが、愚かな大人に対して持ち合わせる愛情はない、ということになるのだろう。
閲覧者の皆さん、あなたのイライラの仕組みはこのようではないですか。宇宙人は愚かな大人に対して今後も愛情を抱く見込みはなさそうなので、皆さんにも愛情を持てと諭すつもりはありませんが、苛立ちの原因が意識速度の差にあるのだと理性的に認識できれば、相手の馬鹿さ加減に対して感情的になって更に疲れることは避けられるかもしれません。ご活用下さい。

[PR]
by hikada789 | 2018-06-22 19:17 | 宇宙人の読書室 | Comments(0)