ブログトップ

土星の裏側

doseiura.exblog.jp

宇宙人と呼ばれた人達の診療所

クマにあったら学べること (No.1111)

前回は良書と言いつつもくさしている書評じみた私見を述べたが、もっといい図書があるのでそちらを紹介しよう。書き手の熱意や偽りない率直な言葉がぎっしり詰まっていて、金儲け臭を気にせず読める『クマにあったらどうするか~アイヌ民族最後の狩人 姉崎等』。2002年刊を再編集して2014年に文庫本になったものだが、表紙がかわいい。姉崎等氏の体験談を片山龍峯氏が聞き書きするという体裁の共著なので、会話形式で読みやすく、子供にもお勧めだ。
表題に掲げたクマに遭遇した際のサバイバル法のほか、クマの生態を知り尽くした猟師の知恵や人間力、戦前戦後の北海道事情からアイヌの風習まで細やかに語られている。聞き手がいいのだ。聞き手に是非知りたい、記録として残したいという強い熱意があり、その熱意に語り手も共感して出来上がった本なので、その志が行間から滲み出ていて清々しい。なにより聞き手が予備知識を持って聞き取りに臨み、「クマにあったらこうすべし」という巷の諸説を目の前のクマ猟師にぶつけて真偽を問うと、猟師の答えは白黒はっきりしているのだが、それは「自分の経験ではこうだからこう思う」という言い方であって、巷の説を頭ごなしに否定はしないところに好感が持てる。「その方法は逆効果だと思うけど、こういう特殊なケースならばあり得るかもしれない」という1か0ではない物言いに、猟師の深い洞察や論理的思考が見え隠れするのである。前回記事の本の印象と比較してみて下さい。

例によって読書の時間のとれない方の為に、姉崎猟師の有難い教訓名言をかい摘んでいくつか。
――(猟で山に入ったら)ずっと1日二食で、ご飯一膳と味噌汁だけで10日ほどもつ。私は山に入っても入らなくてもあまり食べないようにしている。あんまり食う人だと体力が持続しない。大食する人は元気が出るかといったら、絶対に出ない。胃袋だけが大きくなって、少しでもお腹がすいたら全く、グダーッとゆでた菜っ葉のように弱いです。
――(アイヌがしばしば山のカラスと共働するという話で)山ガラスというのは町にいるカラスとは違う。町ガラスは人にばっかり頼って暮らすけど、山ガラスは人に頼らず山の中で虫を獲ったり(自力で)生活している(ので人間と対等の意識がある)。ハンターがクマを獲ると肺臓だけを残し、カラスが食べやすいように細かく切って木の枝に丁寧に刺しておく。するとそれぞれのカラスにひと口ずつでも当たるようになる。カラスたちは、ハンターについていくと必ず恩恵があるものと学習して、クマ猟に同行するようになる(クマがいる所ではカラスは集団で鳴く習性があり、猟師はこれでクマの居場所をつきとめられる)。
――(アイヌの魂送りの思想に触れ、クマを獲っても)獲ったという喜びではないんです。この肉の部分を持って帰る、ここは捨てていく、ということをしないで皆で大事にしてやろうと考えて、カラスにあげる部分以外はどの部分も持って帰る。(スポーツハンターがクマを倒すことに喜びを見出しているのとは違い、)クマを倒したらその後まで私らは責任を持ってやるんです。クマを獲れば獲るだけ、責任は重たくなります。

姉崎猟師はクマを山の師匠と仰ぎ、山における知恵はすべてクマの習性を模倣することで身に付けたという。口で言うのはやさしいが、他の猟師に聞いてもこんな手法は普通の人間はまねできないそうだ。「俺たち人間だからさ」。
ところで、クマが賢いことはよく知られているが、どれほど賢いかを示したエピソードをひとつ。研究目的で野生のクマに電波発信機をつけたところ、クマは人里近くの道筋すぐそばにいても、近くを通りかかる人間の目には触れない場所を選んでいることが判った。藪や高低差で人間の視界には入らないので気付かれることはない。しかし距離的には目と鼻の先である。クマは人間に気付かれると面倒になることが判っているので静かにしてやりすごしているのであり、人を襲う意志はない。姉崎氏曰く「クマは平和主義であり、人間との無用な争いを避けようとする」。
昨今は『新潮45』の杉田論文擁護云々の話題で、またぞろ差別だ、謝罪だ、何だと多くの人が首を傾げる権利の主張がメディアを賑わせているが、この種の権利は「表現の自由」をつきつめれば結着のつかない話であることをいい加減人間は悟って、クマのように無駄な争い事を避けて静かにやりすごしたり、人間(=意見の異なる他者)と平和に住み分けする知恵を磨いたりするべきではないのかね。クマよ、愚かな人間を熊パンチで諫めてくれ、なのだ。

[PR]
by hikada789 | 2018-09-25 15:55 | 宇宙人の読書室 | Comments(0)